女子フリー 演技する紀平梨花=さいたまスーパーアリーナ

 女子で優勝し、メダルを手に笑顔のアリーナ・ザギトワ=さいたまスーパーアリーナ

 フィギュアスケートの世界選手権第3日は22日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われ、女子はショートプログラム(SP)7位と出遅れた16歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリー2位と巻き返し、合計223・49点で日本勢最高の4位に入った。

 SP2位の坂本花織(シスメックス)はフリー5位の合計222・83点で5位、宮原知子(関大)は合計215・95点で6位となり、日本勢は来年の出場枠で最大3枠を確保した。平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がSP、フリーともに1位の合計237・50点で初優勝。

関連記事