米リア、イスラエルのManiv Mobilityベンチャーキャピタルファンドに投資

AsiaNet 77891 (0441)


【サウスフィールド(米ミシガン州)、上海2019年3月22日PR Newswire=共同通信JBN】自動車シートや電気系統システム(E-Systems)で世界の自動車技術をリードするリアコーポレーション(Lear Corporation、NYSE: LEA)は22日、イスラエルで先進的なモビリティー技術に取り組むManiv Mobilityのベンチャーキャピタルファンドに投資したと発表した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190315/2404664-1
(キャプション:リアがイスラエルのManiv Mobilityベンチャーキャピタルファンドに投資)

Lear Innovation Ventures(LIV)を通じて行われるこの投資により、今後の提携を可能にし、モビリティー技術エコシステムへリアは積極的に関わっていく。Maniv Mobilityのポートフォリオと投資活動は主に、コネクテッドや自動化、ライドシェア、モビリティー各セクターのイスラエルの新興企業のほか、米国などの市場への投資を対象にしている。

リアのジョン・アブスマイヤー最高技術責任者(チーフ・テクノロジー・オフィサー)は「Manivは自動車市場で鍵となるトレンドに特化した優れた投資ファンドと認められており、LIVにはまたとない機会だ。自動車業界が進化する躍動期にあって、イスラエルは繁栄する自動車技術分野で最前線にある。この戦略提携や、新興企業と大手企業の双方がもたらすイノベーションが、モビリティーの未来を切り開くと期待している」と述べた。

この提携はリアにとって、イスラエルでの最初のモビリティー投資ではない。2017年にリアはイスラエルのEXO Technologiesを買収した。EXOは先進運転支援システム(ADAS)と自動運転応用に向けて、正確性と信頼性、機能的安全性を高めることで、業界の需要に応え、変化を推進する高精度自動車測位技術を開発している。

▽リアコーポレーション(Lear Corporation)について

リアコーポレーション(Lear Corporation)は、自動車シーティングシステムと電気系統システム(E-Systems)の世界的な大手自動車部品メーカーである。リアは世界の主要な自動車メーカーと取引があり、リアの製品は400を超える車種で採用されている。リアの世界クラスの製品は、39カ国の約16万9000人の従業員からなる多様性に富んだチームにより考案、設計、製造されている。リアは現在、Fortune 500社のランキングで148位。本社は米ミシガン州サウスフィールドにある。詳細な情報はlear.com(http://www.lear.com/ )を参照、もしくはTwitterで@LearCorporationをフォローのこと。「Lear is where passion drives possibilities(リアは情熱が可能性を動かす場)」

▽Maniv Mobilityについて

Maniv Mobilityは新しいモビリティーの未来に特化した大手ベンチャーキャピタルファンド。初期段階の新興企業に投資するManivは、自動車のコネクティビティーやデータのほか、センサー、ソフトウエアなどの自動運転技術、新規ビジネスモデルを巡るアイデアを追及している。世界の自動車業界と行政・技術分野に深くかかわり、そのネットワークを生かして、広がるポートフォリオ組織を手厚く支援している。詳しい情報はwww.maniv.com を参照。

ソース:Lear Corporation

関連記事