福井県知事選に立候補した3氏のポスター=福井県福井市内

 しがらみを気にせず、率直に語る若者だからこそ、描ける未来がある。その言葉には力がある。新幹線、原発、リーダー像…。知事選が告示された福井県内の10~30代の男女に、平成の次を担う福井のトップに託す思いを聞いた。

■ ■ ■

 春から看護師として働く越前市の22歳。生まれてからずっと福井県で暮らしてきたが、政治にはあまり関心ないという。「トップの具体的な政策が分からないし、言葉を直接聞く機会もない」からだ。「県民の意見を取り入れて納得できる政策を考えてほしい。有言実行するリーダーが良い」と話す。

⇨D刊に福井県知事選特集

 福井高専に通う、あわら市の18歳男性は、「自分たち若者の意見をしっかり取り入れてくれる人」が理想。「候補者がこれから福井をどんなふうにしてくれるのか見極めて投票したい」と話した。

 福井市内で不登校の子どもたちのためのフリースクールを運営する男性(29)は「現場の力を伸ばすリーダーが求められるのでは。いろいろな活動がボトムアップで展開していく環境をつくって」と願う。

 鯖江市の団体職員(26)は「カリスマより、たくさんのリーダーを育てられる人がふさわしい。若い世代にもチャンスを与えてほしい」と求める。

 仁愛大2年の20歳女性は、わずか1票で社会が変わるのかという疑問から、これまで投票したことはなかった。「大学を卒業してからも福井にいたい。女性が働きやすい社会を目指している人にリーダーになってもらいたい」。少しずつ大きくなってきた「自分の意思を投じたい」という気持ちを今回は行動に移すつもりだ。

関連記事