麻生太郎副総理兼財務相は22日の閣議後の記者会見で、21日に告示された地元の福岡県知事選を巡り、自民党の推薦を受けていない現職を支持する動きが党内にあることについて「分裂とは思わない、造反だと思う」と批判した。

 知事選で麻生氏は元厚生労働官僚の新人、武内和久氏を擁立し、党が推薦を出した。一方、地元選出の国会議員の一部や経済界は3選を目指す現職の小川洋氏を強く後押しし、保守分裂の構図となっている。

関連記事