初来日したノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん=22日午後、成田空港

 女子らが教育を受ける権利を訴え続け、2014年に史上最年少の17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん(21)が22日、東京で開催される国際女性会議「WAW!」に参加するため、成田空港に到着した。来日は初めて。

 マララさんは、母国パキスタンで武装勢力による女子教育抑圧を告発し、12年、下校途中に銃撃を受けた。英国で治療後も訴えを続け、平和賞を受賞した。

 WAW!は23、24日に開かれ、各国の女性指導者らが出席を予定。マララさんは貧困や紛争を防ぐための女子教育をテーマに基調講演する。

関連記事