フィンランド戦でプレーする中部電力の選手ら=シルケボー(共同)

 【シルケボー(デンマーク)共同】カーリングの女子世界選手権第5日は20日、デンマークのシルケボーで1次リーグが行われ、日本代表の中部電力はフィンランドに10―4で快勝し、通算4勝4敗とした。同日、地元デンマークには1―7で敗れた。

 日本はフィンランドを相手に2―3で迎えた第4エンドにミスを突いて3得点。その後も安定したショットで流れを引き寄せ、勝負を決めた。

 21日はラトビア、スイスと対戦する。

関連記事