福井県知事選に立候補した金元幸枝氏(左)、杉本達治氏(中)、西川一誠氏(右)

 統一地方選の幕開けとなる福井県知事選が3月21日告示された。共産党新人で党県書記長の金元幸枝氏(61)、無所属新人で前副知事の杉本達治氏(56)=自民党推薦、福井維新の会推薦、5選を目指す無所属現職の西川一誠氏(74)=立憲民主党県連合支持、国民民主党県連支持、社民党県連合支援=の3氏が立候補を届け出た。同日午後5時の締め切りまでに、ほかの立候補届け出はなく3氏による選挙戦が確定した。3氏による争いは2003年春以来。投開票日は4月7日。

 ⇒県知事選と県議選4月7日に開票速報

 ⇒【D刊】福井県知事選の動向詳しく

 ⇒【D刊】紙面で振り返る「激動の福井選挙史」

 21日午前8時半から県庁で立候補届け出の受け付けが行われ、各陣営の代理人らが出席。くじ引きで届け出順を決めた。各陣営は各種必要書類を提出し確認後、選挙運動用腕章など「七つ道具」を受け取り、出陣式に向かった。

関連記事