未来投資会議であいさつする安倍首相=20日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は20日の未来投資会議で、国民健康保険、介護保険を運営する地方自治体や健康保険組合が、積極的に病気・介護の予防事業に取り組むよう根本匠厚生労働相らに具体策の検討を指示した。首相は「人生100年時代を迎えて病気予防や介護予防の役割が増加している」と強調。今夏に取りまとめる成長戦略の実行計画に具体策を盛り込む。

 全世代型社会保障改革を掲げる首相は、病気・介護予防や健康づくりを改革の柱に据えている。だが公的医療保険で予防事業に充てられる費用は、自営業者らが加入する国民健康保険では全体の1%未満、会社員向けの健康保険でも約4%にとどまる。

関連記事