ホワイトハウスでのトランプ大統領=19日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日、議会に提出する大統領経済報告を公表した。日本との新たな貿易交渉について「自由貿易協定(FTA)」と明記。日本側は農産品などモノの関税に限定する「物品貿易協定(TAG)」と主張してきたが、米側は農業だけでなくサービスも含めた幅広い分野で日本に市場開放を迫る姿勢を改めて示した。

 大統領経済報告は一般教書、予算教書と並ぶ「三大教書」の一つ。国内外の景気情勢を示すと同時に、米経済政策の立案の指針となる。

 欧州連合や日本などとそれぞれFTAを締結できれば「貿易障壁を削減でき、米国が利益を得られるだろう」と説明した。

関連記事