3月19日にオープンするドーミーイン福井=14日、福井県福井市中央1丁目

 福井県福井市中央1丁目の立体駐車場「カトー立体パーク」跡地にビジネスホテルチェーン「ドーミーイン福井」が3月19日オープンする。同ホテルの県内進出は初めて。

 駐車場を経営していた不動産業の加藤ビル(同市、加藤幹夫社長)が誘致、総工費約20億円を掛け整備してきた。ホテル運営は福井市出身の上田卓味氏が社長を務める共立メンテナンス(東京)が行う。

 地上9階、地下1階建て。客室は2~9階に計189室(ダブル162室、ツイン22室、トリプル4室、車いす対応のユニバーサル1室)で、部屋の広さは15~26平方メートル。全室にシモンズ社製のベッドを備えた。

 9階には露天風呂付きの天然温泉大浴場、サウナがあり足羽山、足羽川の眺望が楽しめる。レストランでは福井の食材を使った約50品目の和洋食バイキングを提供する。駐車場は立体パークと平面合わせ52台分(有料)を確保し、ホテル宿泊客だけでなく、昼は中心市街地を訪れる買い物客にも開放する。

 南側道路に面する約200平方メートルは、市の補助を受け緑化し、公共の歩道とした。

 加藤社長は「景観に優れた立地で、北の庄通りと通称浜町(中央3丁目)を結ぶ動線をつくれたら」と話している。問い合わせは同ホテル=電話0776(21)5489。

関連記事