商品棚の陰に潜み、怪しい客の様子をうかがう万引Gメン。並々ならぬ集中力で目を光らせる(写真はイメージ)

 商品が消えた瞬間、体に緊張が走る-。「何を、いくつ、どこに入れたか」。万引犯が店を出るまで、一瞬たりとも目が離せない。福井県内の警備会社に勤める万引Gメン歴18年の男性(64)と12年の女性(43)は、例えばスーパーでは、かごを持ち私服姿で買い物客に紛れながら目を光らせる。

 2月下旬のある日、午前10時の福井市内の量販店。女性Gメンは客とすれ違う瞬間、買い物かごの中身を横目で確認した。時には商品棚の陰に潜んで様子をうかがう。かごに入った商品の種類や置き方などを覚え、かばんが開いたままの客がいれば動向を観察していた。

 2人によると、万引犯を見つけ取り押さえるには、並々ならぬ集中力が必要だという。商品をかばんや服の中に隠したのを確認すれば、そこからは一度たりとも目を離さない。トイレにも行かずに1、2時間尾行することもある。相手に気取られないよう細心の注意を払いながら、盗んだ商品、数、場所、時間などをメモしていく。

 誤認を防ぐため、取り押さえるのは「100パーセントの確信があるとき」だけ。精算せずに店外に出たとき、初めて万引犯に声を掛ける。ほとんどが素直に応じるが、中には暴れ出す場合もある。2人とも腕や太ももをかまれた経験があるという。強引に取り押さえず、「暴れないで」とひたすら相手が落ち着くのを待つ。

関連記事