クラムボン

 北陸最大規模の1万人の来場を目指し、福井県の福井市中央公園などで7月初開催される野外音楽フェス「ONE PARK FESTIVAL」(福井新聞社後援)に、人気グループ「ウルフルズ」「水曜日のカンパネラ」「クラムボン」など、新たに9組のアーティストが出演することが、3月12日発表された。誰もが知る有名アーティストの出演で、福井の夏のまちなかは一層熱く盛り上がりそうだ。

 実行委員会が同日、市内で出演者第2弾発表会見を開いた。

 このほか▽音楽フェス盛り上げ請け負いバンドとして名高いジャムバンド「SPECIAL OTHERS」▽踊れるロックバンド「Attractions」▽ヒップホップグループ「Ovall」▽ジャズDJ「Sunaga t experience」▽シティーポップ「never young beach」▽エレクトロメローソウルグループ「D.A.N.」-が出演する。

 同フェス出演グループ「SOIL&“PIMP”SESSIONS」のメンバーで、実行委音楽顧問の「社長」さん=福井県越前市出身=は「びっくりするぐらいの出演者に快諾してもらい予想以上。福井で公演したことがあるアーティストが多く、それだけ福井に思い出があり、潜在的な魅力があるということ」とあいさつした。

 同フェスは7月6、7日開催。7日にハピテラスで開催される音楽フェス「hometownFES(ホームタウンフェス)」とも連携し、コンセプトの「街全体が一つのテーマパーク」を目指す。この日発表された9組のほか、これまでに「コーネリアス」など8組の出演が決まっており、数百枚単位で発売した先行割引チケットは約20分で完売。音楽ファンの高い期待がうかがえる。

 3月15日午前10時からは、3回目の先行販売を実施する。2日間共通券で1枚1万2800円。出演者の第3弾発表は来月を予定している。問い合わせ、申し込みは同フェスホームページで。

関連記事