記者会見で謝罪する佐渡汽船の小川健社長(右)ら=11日午前、新潟市

 新潟県・佐渡島沖の日本海で9日に佐渡汽船の高速船がクジラなどの海洋生物とみられる物体と衝突し、計80人が重軽傷を負った事故で、同社は11日、新潟市で記者会見し、小川健社長らが「負傷者や関係者の皆さまに深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 事故時の状況について、船の前方左側に白い物体を発見したため反射的に右にかじを切り、減速したと説明。障害物を回避する行為として「適切だった」とした。補償について「負傷された方が負担にならないよう誠心誠意対応していく」との方針を示した。

関連記事