キャンプインして汗を流す福井ミラクルエレファンツの選手たち=3月9日、福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは3月9日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムでキャンプインした。爽やかな晴天の下、選手たちは気持ちも新たに軽快な動きを見せた。悲願のリーグ初制覇を目指し、4月の開幕に備えた。

 2月から合同練習に取り組んでおり、選手たちは体作りを済ませてこの日に臨んだ。アップの後、バントシフトとノックで内野の連係を確認。ゲーム形式の実戦練習も行い、緊張感の中で汗を流した。

 今年初めてユニフォームを着た田中監督は「気が引き締まる思い。16日のオープン戦に向けいい調整ができそう」と意欲をみなぎらせた。中村辰哉主将も「どんどん調子が上がっている。昨季リーグ優勝できなかった悔しさを忘れず、練習に励みたい」と意気込んだ。

 キャンプでは今後練習試合、オープン戦などを行い実戦モードに入る。開幕戦は4月6日正午から、福井フェニックススタジアムでオセアン滋賀ユナイテッドBCと戦う。

 チームは昨季、3年ぶりに西地区を制したが、リーグ優勝を決めるチャンピオンシップで敗れた。

関連記事