カラフルなイラスト画などが並び、多くのファンや親子連れらでにぎわった企画展「尾田栄一郎監修 Hello,ONE PIECE ルフィが町にやってくる!」=3月9日、福井市のベル・あじさいホール (C)尾田栄一郎/集英社

 海賊王に憧れた少年ルフィが世界の海を渡り、仲間と冒険を繰り広げる漫画「ONE PIECE」の魅力をイラスト画約100点などで紹介する企画展「尾田栄一郎監修 Hello,ONE PIECE ルフィが町にやってくる!」(福井新聞社、福井テレビでつくるハローワンピース福井実行委員会主催)が3月9日、福井県福井市のベル・あじさいホールで始まった。

 企画展の開催は、国内では札幌市、愛媛県新居浜市に続く3カ所目。東京や大阪など遠方からも熱心なファンが訪れ、開場前には長い列ができた。

 会場には、鮮やかで色数豊富な扉絵、漫画の名場面からえりすぐったこま割りカットがずらり。船長ルフィと仲間の「麦わらの一味」が躍動する世界が広がった。どのカットにも、作者尾田さんの「漫画を読む一服の時間を楽しい時間にしてもらおう」という哲学が詰まっており、子どもから大人まで独創的で豊かな表現を楽しんでいた。

 ゴーグルを装着すると、「ONE PIECE」を彩るキャラクターが続々登場するVR(仮想現実)体験コーナーもあり、親子らが歓声を上げながら、仮想空間で繰り広げられる作品の世界に浸っていた。同展は4月7日まで。

関連記事