書店やスーパーなどの小売店にとって万引被害は死活問題につながる=2月、福井県内

 捕まっても「払えばいいんやろ」と開き直る者すらいるという。万引被害に悩む福井県内の書店やスーパーの担当者は「たかが万引と、罪の意識は薄い」と口をそろえる。「万引は、窃盗という立派な犯罪。考え方が非常に甘い」と憤るのは、小売店にとって被害が死活問題につながるからだ。

 県内のある書店の万引被害は、ひどい時には年間100万円にも上った。活字離れで書籍の売り上げが低迷していることもあり被害額は年々減っているが、今でも年に10万~20万円ほどの被害がある。1冊の本で得られる利益は1割。10万円の被害を取り戻すには、100万円分の本を売らなければならない。

 1冊盗まれるだけでも損失が大きい中、この書店では2008年、発売された「ハリー・ポッターと死の秘宝」が、30代の男に上下巻20セットを盗まれた。被害額は10万円。男は古本屋に持ち込み換金していた。中学生グループに数十冊のコミック本をかばんに入れて万引されたこともある。

 不況が続く出版業界。小さな書店であればあるほど防犯対策にコストをかけられない。社長によると、県外では万引が原因で閉店に追い込まれた店すらあり、県内でもそうしたうわさは聞かれる。

関連記事