リニア中央新幹線名古屋駅の工事現場=7日午前

 JR東海は7日、リニア中央新幹線名古屋駅(名古屋市)の工事現場を報道陣に公開した。現在の名古屋駅の地下約30メートルにホームを建設。2027年の東京・品川―名古屋の開業を目指す。東海道新幹線や在来線が運行する中での作業となっており、同様の工事を行う品川駅、標高2千メートル級の山中を掘る南アルプストンネルと並ぶ難工事とされる。

 リニア名古屋駅は16年12月の着工。報道陣への公開は初めて。これまでに東海道新幹線の高架橋の地盤を補強したほか、駅の壁となる鉄筋コンクリートを入れる立て坑の掘削作業をしていた。

関連記事