福井県の県立高校の志願変更結果

 福井県の県立高校の2019年度一般入試は最終日の3月5日、全日制26校と定時制7校で社会や理科、面接などがあり、受験生4377人が2日間の日程を終えた。定時制で新たに3人が欠席した。合格発表は12日午後3時半に各校で受験番号を掲示するほか、今回初めて各校のホームページにも受験番号を載せる。

 理科で県教委は、問題文の一部表現が分かりにくく、受験生の誤解を招きかねないとして訂正した。試験開始に合わせ、試験監督者が訂正前と訂正後の問題文を黒板に書いて周知した。

 定時制は最終日に面接と作文があり、欠席した3人は初日の学力検査の結果で合否が判断される。定員350人に172人が出願し、初日の学力検査は1人が欠席した。

 全日制は最終日に新たな欠席者はなく、募集人員3987人に対し4212人が出願、3人が欠席した。

 インフルエンザなどによる欠席者に学力検査の追試験を認めるかは6日に決める。追試は7、8日。

⇨特集「受験」はこちら

関連記事