JR北陸線を走る特急しらさぎ

 2023年春の北陸新幹線敦賀開業後の特急しらさぎについて、3月4日の福井県議会予算決算特別委員会で理事者は、運行主体のJRが福井方面への乗り入れに消極的な姿勢であることをあらためて示した。

 田村康夫委員(県会自民党)の質問に対する答弁。

 理事者は「敦賀開業後、福井―東京間の利用客が東海道新幹線経由から北陸新幹線経由に移ると見込まれる」と指摘。さらに福井から中京方面への鉄道利用者が、国の16年度調査で1日約1200人であることを踏まえ「しらさぎ1便当たり40人弱の計算となり、福井まで乗り入れても利用が見込めない。車両や乗務員の確保の問題もあり、JRは消極的である」とした。

関連記事