炎に照らされる中、遠敷川に御香水を注いだお水送り=3月2日午後9時ごろ、福井県小浜市下根来の鵜の瀬

 福井県の若狭地方に春到来を告げる伝統行事「お水送り」が3月2日夜、小浜市神宮寺の若狭神宮寺や同市下根来の「鵜の瀬」周辺で営まれた。たいまつや護摩壇の炎が川面を照らす厳かな雰囲気の中、遠敷川に御香水が注がれた。

 午後7時ごろ、若狭神宮寺境内で大護摩法要があり、大護摩の火を移したたいまつを持った一行が、鵜の瀬へ出発。約1・8キロ先に向けて行列を作った。

 午後9時ごろ、山河尊聖住職らが遠敷川の対岸に渡り、送水神事が始まった。竹筒から御香水が注がれ、例年より多く集まった大勢の見物客がじっくりと見入った。

 鵜の瀬から流れた御香水は遠敷川を通じ、奈良・東大寺の二月堂の井戸「若狭井」に届くとされる。二月堂で12日に行われる「お水取り」でくみ上げられる。

関連記事