パリのエッフェル塔近くで衝突する警官隊(手前)とデモ隊=23日(アナトリア通信・ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが23日、15週連続で行われた。地元メディアによると、内務省は全国の参加者が約4万6600人だったとの集計を明らかにした。前週16日は約4万1500人で、小幅ながら6週ぶりに規模が拡大した。

 前週約5千人が参加したパリは約5800人に増加。南西部ボルドーや南部トゥールーズなどでも数千人規模の根強い参加があった。これまでと同様、各地で午後にデモ隊と警官隊の衝突も起きた。

関連記事