平壌駅で見送りに手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=23日(朝鮮中央通信=共同)

 丹東駅を出発した、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を乗せたとみられる列車(下)=23日、中国遼寧省丹東市(共同)

 【北京、ハノイ共同】北朝鮮は24日、金正恩朝鮮労働党委員長が23日午後、ベトナムの首都ハノイで27、28日に開かれる2回目の米朝首脳会談のため、専用列車で平壌駅を出発したと朝鮮中央通信を通じて発表した。トランプ米大統領との再会談は「歴史的」だとし、党や軍幹部らが「立派な成果」を願っていると伝えた。二十数両に及ぶ専用列車は24日、中国国内を移動。行く先々で特別態勢が取られた。

 北朝鮮国営メディアが米朝首脳再会談の場所や日程を報じるのは初めて。議題には言及していないが、金正恩氏は非核化に向けた部分的措置と引き換えに制裁解除や体制保証を要求する構えだ。

関連記事