2024年パリ五輪の追加種目候補に入らなかった空手で、世界選手権男子形3連覇の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が22日、全日本空手道連盟を通じ「非常に残念だが必ず復活すると信じている。次世代の選手達のためにも20年東京五輪で最高のパフォーマンスをする」とのコメントを出した。

 同じく落選したソフトボールも、日本協会の徳田寛会長が「大変残念。国内外での普及振興や魅力の発信を引き続き進めていく」との談話を発表した。

関連記事