大学入試センター試験の会場に向かう受験生ら=1月19日午前、東京・本郷の東京大学

 文部科学省は2月20日、今年の国公立大2次試験の確定志願者数が昨年から4128人増の46万9836人だったと発表した。募集人員に対する倍率は昨年より0・1ポイント増の4・7倍だった。志願者数、倍率ともに、1990年の大学入試センター試験開始以降で最低だった昨年と比べて微増した。

 国立大(82大学393学部)の志願者は33万153人で、倍率は昨年と同じ4・2倍。公立大(88大学198学部)は13万9683人で、倍率は昨年と同じ6・3倍だった。

⇒【関連】難関国立大学出願に「守り」の傾向

⇒【関連】2次試験出願「文高理低」に変化

 学部系統別では、人文・社会系が5・1倍で、昨年から0・2ポイント増え、近年の文系人気の高まりを反映した。教員養成系は昨年と同じ3・9倍。

 理系では、薬・看護系が0・1ポイント減の5・4倍だった以外は昨年同様で、理工系が4・4倍、農・水産系4・1倍、医・歯系5・0倍だった。

 センター試験の成績で門前払いする「二段階選抜」は、前期日程で28大学48学部が実施し、3660人が不合格となった。中・後期日程では20日時点で12大学16学部が実施し、不合格者は2907人だった。

 東日本大震災の被害が大きかった地域では、岩手大が0・1ポイント増の3・1倍、東北大が昨年と同じ3・5倍、福島大は0・5ポイント増の5・4倍だった。

 2次試験は前期日程が25日から、中期日程は3月8日から、後期日程は3月12日以降実施する。

⇒特集「大学受験2019」はこちら

関連記事