出張カキ小屋のチラシ

 まちなかにカキ小屋登場-。旬の東北産のカキを安価で食べられる「出張カキ小屋 牡蠣奉行」が2月22日から3月3日まで、福井県福井市のハピテラスにオープンする。東日本大震災で風評被害に遭ったカキ生産者の復興支援イベント。会場で殻付きカキの炭火焼きができ、フライやご飯、汁物など調理したメニューも充実。カキざんまいのひとときが楽しめそう。

 震災で風評被害を受けた宮城県石巻市のカキを食べてもらおうと、同市の復興に携わったボランティアが出張カキ小屋の実行委員会を結成。これまで全国200会場以上で開催している。福井県内では初めて。

 約120席あり、席代は1人380円で小学生以下は無料。通常価格1200円の約1キロ、5~7個のカキを、540円で提供する。カキの調理メニューのほか、白ハマグリやホタテ、サザエなどの海産物を販売。ビールやハイボール、ワインなどの酒類も提供する。

 各日午前11時から午後9時までで、悪天候の場合は閉店することもある。混雑時は1組90分まで。問い合わせは実行委=電話086(362)5501。

関連記事