黙々と練習に励む福井ミラクルエレファンツの選手たち=2月20日、福井県坂井市丸岡屋内球技練習場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは2月20日、福井県坂井市丸岡屋内球技練習場などで、合同自主トレーニングを始めた。4月6日の開幕に向け、本格始動した選手たちは気合をみなぎらせていた。

 投手、野手に分かれ、計10人が参加。野手組は入念にウオーミングアップをこなし、体幹トレーニングやティー打撃などで汗を流した。

 新入団の坂本竜三郎捕手(鯖江高校)は「高校の部活とは違う緊張感があった。新人らしく元気を出して、早くチームに溶け込みたい」と引き締まった表情を見せた。

 不参加の選手たちも各自でトレーニングに励んでおり、徐々に合流する予定。2シーズン目の田中雅彦監督は「いよいよ始まる。スイッチが入った。まずはけがをしないように、じっくり体を作っていきたい」と話した。

 3月9日にキャンプインし、4月の開幕に備える。

関連記事