閣議後、取材に応じる麻生財務相=19日午前、首相官邸

 麻生太郎金融担当相は19日の閣議後記者会見で、銀行以外の事業者にも100万円を超える送金を認めることについて「新たな類型により、便利な支払い方法を実現したい」と述べ、早期の法案提出と実現に意欲を見せた。

 銀行業界は「顧客の資産をどのように保全するのか不透明だ」と反発しており、実現には難航も予想される。

 送金を担う業者は現在、銀行と資金移動業者(送金業者)の2種類がある。銀行は金額に制限がないが、登録制の送金業者の上限は100万円に設定されている。金融庁は現行の送金業者の区分は残したままで、100万円超の送金を認める区分を新設する。

関連記事