リビアン・オートモーティブのピックアップトラック(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米新興の電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブは15日、米インターネット通販大手アマゾン・コムなどから計7億ドル(約770億円)の出資を受けたと発表した。アマゾンは自動運転技術開発の米オーロラにも出資するなど、運輸関連の取り組みを進めている。

 リビアンは2020年後半にEVのピックアップトラックとスポーツタイプ多目的車(SUV)を米国で発売し、21年から米国外にも展開する計画。米EVのテスラと競合するとみられている。

 アマゾン幹部は15日「リビアンには電動輸送の未来がある」と期待感を示した。

関連記事