厳かに奉納された水海の田楽能舞=2月15日、福井県池田町水海の鵜甘神社

 福井県池田町水海に750年以上前から伝わるとされる国の重要無形民俗文化財「水海の田楽能舞」が2月15日、同町の鵜甘神社で行われた。厳かな雰囲気の中、伝統を受け継いできた水海の住民たちが計9番を演じた。

 鎌倉幕府の執権北条時頼が諸国を行脚する中、大雪で足止めになった同町で田楽のもてなしを受け、お礼に能舞を教えたのが始まりとされる。舞人の代表3人は本番2日前から社務所に寝泊まりし、当日正午から近くの水海川で心身を清めるなど、奉納に向けた準備も厳格に守られている。

 午後1時ごろ太鼓の音を合図に奉納が始まり、ささらを鳴らし荒ぶる神々を鎮める「あまじゃんごこ」や天下太平を祈る「式三番」、鬼退治の武勇を描く「羅生門」など、恒例の田楽4番、能5番を納めた。

 大雪の影響を受けた昨年に比べ見物客が多く、舞台を囲むようにして幽玄の舞に見入っていた。

関連記事