愛知県春日井市の青果卸売会社「東興青果」やグループ会社と契約し、北海道内の農家で働いていたベトナム人技能実習生の女性21人が解雇された問題で、うち7人が加入する札幌市の労働組合と同社は15日までに、残る契約期間の賃金に相当する補償金を会社側が支払うことで和解した。14日付。労組は会社を相手取った訴訟を取り下げる方針。

 労組によると、7人は契約期間が8〜21カ月残っていた。補償を受けて、7人はベトナムに帰国する予定。労組に加入していない14人は別の受け入れ先で実習を続ける見通し。

 実習生21人は1月25日付で解雇された。

関連記事