今春の福井県知事選への出馬を表明している前副知事の杉本達治氏(右)と、現職の西川一誠氏(左)

 一方、杉本氏の決起大会は17日午後2時から2時間程度を予定している。支援者でつくる実行委員会が主催する。

 共催の党県連と協力し弁士として森氏の来場を調整しているほか、元総務相の高市早苗衆院議員の登壇を予定している。後援会幹部は「杉本氏の知名度浸透のため、これまで県内各地で開いてきたシンポジウムの集大成の位置付けになる」としている。

 このほか、杉本氏と有識者の対談で政策への理解を深めてもらうコーナーもある。

 両氏の決起大会は開催日が異なるため、どちらにも顔を出す関係者が多数いるとみられる。両にらみの関係者が頭を悩ませるのは、17日午前10時から同時に行われる両氏の後援会事務所開きだ。

 ある団体幹部は「あまり良くないことなのかもしれないが、時間差で出席しようかなと思っている。両氏への義理立てにもなるし、どちらの雰囲気も見ておきたいし…」と迷う気持ちを正直に語る。

 別の団体関係者は「お二人にはとてもお世話になったので複雑な心境だ」とした上で「遅れて出席すれば『あっちの方に先に行ったのでは』と思われる。どちらにも行かなければ誤解を招かずに済む。今回はそうするかもしれんな」。自分を納得させるように苦しい胸の内を明かした。

関連記事