山本国家公安委員長兼防災相の大臣就任祝賀会の案内状。「発起人」欄には今治市長の名前があり、末尾の問い合わせ先が市総務調整課となっている

 山本順三国家公安委員長兼防災担当相の地元、愛媛県今治市で1月に開かれた大臣就任祝賀会で、市が事務局を務めていたことが14日、市への取材で分かった。有識者は「政治的中立性を欠き、地方公務員法を逸脱する恐れがある」と問題視している。中村時広知事や菅良二市長らが出席し、案内状の「発起人」欄には菅市長の名前があった。

 祝賀会は1月26日にホテルで開催。市総務調整課によると、案内状の作成、問い合わせ対応、祝賀会の受け付け業務などをした。他の地元国会議員の大臣祝賀会などでも事務局をしていたという。

 担当者は「政治活動ではなく儀礼的なもので、問題はない」と説明した。

関連記事