KYBのロゴマーク

 浜岡原発の関連施設で使用されているKYB子会社製の免震装置=静岡県御前崎市

 油圧機器大手のKYBは13日、全国千件超の建物に検査データの改ざんがある免震・制振装置を出荷した問題の調査結果を公表した。不正は工場責任者らも認識していた組織的なもので、原因として納期順守や「受注ありきの工場運営」を挙げた。2019年3月期の連結純損失の予想は従来の42億円から100億円に下方修正した。不正装置の交換費用などを織り込み、赤字が拡大する。

 問題の装置を設置した対象物件が1105件に拡大したことも明らかにした。20年9月までをめどに装置を交換する方針だが、現時点で交換を終えたのは免震装置10物件にとどまっており、厳しい日程の作業となりそうだ。

関連記事