殖栗正登さんの指導を受ける生徒や指導者ら=2月11日、福井県福井市角折町の金井学園室内練習場

 福井県高野連と県は2月11日、中学・高校の監督ら約100人を招いた指導者研修会を福井市角折町の金井学園室内練習場で開いた。専門家から正しい投球動作などを学び、指導力の向上に努めた。

 本年度から始めた高校野球強化事業の一環。スキルアップに加え、接点が少ない中学と高校の指導者の交流も深めようと、県内では初めて中高合同の研修会を開いた。

 プロ野球選手を輩出しているトレーニングジム「インディゴコンディショニングハウス」(徳島)の代表殖栗正登さんが講師を務めた。実際に中高生を指導し、その様子を指導者らが見学した。

 殖栗さんは「正しいフォームで投げないと、人間の体は必ず壊れてしまう」と強調。投球動作について「トップの位置は下から体をひっかくようにして上げた場所」「丸を描くように投げる」など独自の表現を使いながら、分かりやすく説明していた。

 指導者らはメモを取ったり、動画を撮影したりしながら熱心に聞き入っていた。武生商業高校の野口大輔監督は「感覚で分かっていたことを、理論的に説明していて納得できた。今後に生かしたい」と話した。

関連記事