福井県立大学の2019年度一般入試の出願者数が2月8日、確定した。6日時点の発表から23人増え2237人となった。

 前期日程は2学部4学科で1人ずつ増えた。出願者数の学科ごとの内訳は▽経済227人(募集40人)▽経営203人(同40人)▽看護117人(同20人)▽社会福祉58人(同15人)。

 後期日程は4学部6学科で計19人増えた。内訳は、経済が8人増の550人(同35人)、経営が2人増の338人(同35人)、生物資源が2人増の114人(同16人)、海洋生物資源が3人増の154人(同19人)、看護が1人増の134人(同10人)、社会福祉が3人増の123人(同7人)

 前期は25日、後期は3月12日に試験を行う。

関連記事