冷えたビールで乾杯!は格別ですが、おつまみにも注意して楽しくお酒と付き合って
酒の飲みすぎは体によくない――。そうわかっていても、仕事の付き合いで飲まなければいけないとき、ストレス発散のためどうしても飲みたいとき、ありますよね。そんなときに注目すべきは「おつまみ」です。医学博士の藤田紘一郎氏に、健康にもいい酒の飲み方とつまみの食べ方を語っていただきます。

「つまみはいらない」は危ない

お酒の好きな人なら一度は体験したことがあると思います。それは、「ああ、喉が渇いた」と言いながら、キリッと冷えたビールをゴクゴクと飲み干す行為です。夏の暑い日や運動して汗をかいた後のビールのおいしさは格別。その快感を否定はしません。

 

しかし、「酒さえあればつまみはいらない」という人は、かなりの酒豪か、アルコール依存症に限りなく近づいている人かもしれません。通常はお酒が体内に入ると、胃や腸が目覚めてぜん動運動を始め、何か食べ物を欲するようになるはずだからです。つまみはいらない、もしくは気にしないというのは、医学的にはちょっと危ない状況です。

普通はアルコールが胃腸を直撃しているため、粘膜を荒らしてしまいます。相当、胃腸内が荒れてしまっているのではないでしょうか。ちなみに、お酒を飲むと太ると思われているかもしれませんが、お酒と一緒に食べるつまみの選び方と、食べる順番、量がとても影響しています。お酒を飲んだら太ったというのは、多くの場合、太りやすいつまみをいっぱい食べたことが原因です。

体にいい「おつまみ」第1位は?

体のことを考えると、最高のおつまみは何と言っても、キャベツです。なぜキャベツ? そう思われたでしょうか。キャベツはつまみにもなれば、お酒の前の準備運動にもなります。もちろん胃腸に大変有効な成分がたくさん含まれています。いちばん注目しておきたいのが、「食物繊維」です。

食物繊維には、セルロースなどの不溶性のもの以外に、水溶性のものがあります。水溶性の食物繊維は腸内細菌のエサとなるので、善玉菌を増やす効果があります。一方、不溶性の食物繊維は消化されにくく、胃や腸の中をゆっくりと時間をかけて通過するため、お腹が空きにくくなり、ダイエットにも最適です。

善玉菌のエサとなる水溶性の食物繊維を含む食材はたくさんありますが、とくにオススメなのがこのキャベツです。とにかくお酒を飲む前にキャベツをバリバリ食べる。飲みながらもバリバリ。それが食物繊維を取るうえでいちばん有効な方法です。

■東洋経済オンラインの関連記事■
店名・商品名も公開!賢い「外食で糖質制限」
コンビニは「糖質制限ランチ難民」の救世主だ
ラクやせ!食前「きゅうりダイエット」のコツ

関連記事