JR東海によると2月6日午前7時20分現在、東海道新幹線は米原駅~京都駅間で信号設備の安全確認を行ったため、下り線の一部の列車に遅れが出ている。

 名古屋駅~新大阪駅間を走行中の下り線の列車に25~30分の遅れが出ている。

 JR西日本によると、この影響で山陽新幹線は東海道新幹線から直通する博多方面行き列車に25~30分程度の遅れが出ている。また、のぞみ781号(新大阪駅~博多駅間)を臨時運行する。

関連記事