地域密着型電子マネーカード「JURACA(ジュラカ)」

 福井銀行と福井新聞社は2月1日から、地域密着型の電子マネーカード「JURACA(ジュラカ)」の新規入会キャンペーンを始める。5月31日までの期間中にジュラカに入会すると、現金千円とポイントをプレゼントする。

⇒割引や優待も、ジュラカについて詳しく知る

 ジュラカは、後払い式の「QUICPay(クイックペイ)」と、前払い式「nanaco(ナナコ)」の二つの電子マネーを搭載。キャンペーンでは現金千円に加え、200ポイントをナナコに付与する。現金は8月に登録口座に振り込み、ナナコへのポイント付与は9月上旬。

 ジュラカのクイックペイは、福井県内約1500店以上で利用できる。支払額に応じてたまる「OkiDoki(オキドキ)ポイント」は、ナナコなど各種ポイントにも交換できる。カード提示による優待サービスも展開し、対象は400店舗を超えた。公式ホームページで利用できる飲食店などを紹介している。

 ジュラカは県の「ふるさと県民カード」に唯一、認定されている。クイックペイの支払額の一部が、県の地域創生事業に寄付されるスキームになっている。

関連記事