厚生労働省は30日、刑事事件で有罪判決を受けた医師3人の免許を取り消すとともに医師や歯科医師計17人を業務停止1カ月〜2年にするなどの行政処分を決めた。医道審議会の答申を受けた処分で、2月13日から発効する。このほか医師4人も厳重注意とした。

 免許取り消しとなったのは、覚醒剤使用で有罪になった浪花豊寿医師(52)=東京都渋谷区=や患者に営利目的で向精神薬を譲り渡したとして有罪になった王東明医師(60)=神戸市、患者への準強制わいせつ罪で有罪となった若見朋晃医師(50)=神戸市=の3人。

関連記事