福井県内私立高校6校の2019年度一般入試出願状況(1月29日最終)

 福井県内私立高校6校の2019年度一般入試の願書受け付けが1月29日、締め切られた。新たに16人が出願し、計3448人(専願718人、県立高との併願2730人)となった。前年度に比べ132人減。試験は2月4、5日に各校の計15会場である。

 学校別の志願者は北陸が2人増えて1592人(専願144人、併願1448人)、仁愛女子は変わらず672人(専願101人、併願571人)、福井工大福井は12人増の653人(専願162人、併願491人)、啓新は変わらず375人(専願166人、併願209人)。専願のみの敦賀気比は1人増の126人、定時制昼間の福井南も1人増の30人(専願19人、併願11人)となった。

 2月4、5日の試験は北陸が2会場、仁愛女子が3会場、福井工大福井が6会場、啓新が2会場で行う。敦賀気比と福井南は本校のみで、福井南は4日に学力検査、5日に面接がある。合格通知は各校とも8日。

 県立高の一般入試は願書受け付けが2月13~15日、志願変更が2月21、22、25日、学力検査が3月4、5日。

関連記事