雪かきをする市民=1月26日、福井県大野市明倫町

 福井県内は1月26日、冬型の気圧配置が強まり、嶺北を中心に断続的に雪が降った。福井地方気象台によると、北陸の上空約5千メートルに氷点下39度以下の強い寒気が流れ込んでおり、27日にかけて大雪になる恐れがある。同気象台は交通障害などに注意を呼び掛けている。

 26日午後6時現在の県内各地の積雪は大野市九頭竜50センチ、同市21センチ、南越前町今庄15センチ、福井市11センチ、越前市武生7センチなど。同気象台によると、福井市で積雪が観測されたのは1月2日以来。雪が強まる時間帯もあり、同市中心部では傘を差して足早に歩く姿が見られた。

 雪のピークは27日明け方にかけてとみられ、同日午後6時までの24時間予想降雪量はいずれも多いところで、嶺北の平地15センチ、山地30センチ、奥越30センチ、嶺南の平地10センチ、山地30センチ。

関連記事