幻想的にライトアップされたリンクで記念撮影をする来場者=1月25日夜、福井県福井市のハピリンク

 福井県福井市のハピテラスに設置されたアイススケート場「すまいるスケートハピリンク」の新企画「ヒカリンク」が、1月25日始まった。写真映えをテーマに、リンクをカラフルにライトアップし、光るブレスレットなどを付けた来場者が銀盤を滑走。たくさんの風船を並べた撮影会もあり、幻想的な光景をカメラに収めていた。26日まで。

 午後5時のスタートとともに投光機がリンクをブルーやピンクに染めた。来場者は、貸し出されたかわいらしい大きなリボンや光るブレスレットを付け氷上を満喫。勝山市から家族4人で訪れた女児(8)は「青いライトがめっちゃきれい」と両親や妹とリンクを楽しんでいた。後半は発光ダイオード(LED)電球が入った風船でリンクを彩り、撮影会を楽しんだ。

 普段は親子連れが多いハピリンクに若者も呼び込もうと、市の第三セクターまちづくり福井と福井大学国際地域学科の学生らが企画。午後5~8時で、撮影会は同7時半から。日中も通常通り滑走できる。

関連記事