「ヤマハ英語講師ユニオン」について説明する岩城穣弁護士(右)ら=24日午後、大阪市

 音楽教室大手「ヤマハミュージックジャパン」(東京都港区)の英語教室の女性講師らが労働組合を結成し、24日、初めての団体交渉に臨んだ。契約上、講師らは労働法規上の「労働者」として扱われず、社会保険加入や残業代支払いを受けられない状態が続いてきた。講師らは「実態はヤマハに雇用された労働者だ」として、待遇改善を求めている。

 結成したのは「ヤマハ英語講師ユニオン」(大阪府枚方市)。講師らは、週3〜5日、教室に出勤。子どもから大人までを対象にレッスンしている。残業や休日出勤の手当はなく、会社主催の会議や研修などは無報酬で出席してきた。

関連記事