大学入試センター試験に臨む受験生=1月19日午前、東京・本郷の東京大学

 2019年度大学入試センター試験について、大手予備校河合塾は1月23日、「2019年度河合塾センター・リサーチ」の参加者約43万7千人の自己採点データから、各大学のボーダーラインをまとめた。最難関の東京大学、京都大学の各学部を速報する。

⇨東京大学全学類、京都大学全学部のボーダー一覧

⇨特集「大学受験2019」はこちら

 東京大学は文科一類でA判定855点(900点満点)、理科一類でA判定846点(900点満点)となっている。

 京都大学は法学部前期のA判定は819点(900点満点)、工学部建築の前期でA判定は182点(200点満点)だった。

⇨東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、名古屋大学、神戸大学はこちら

⇨金沢大学、富山大学はこちら

⇨福井大学、福井県立大学、敦賀市立看護大学はこちら

関連記事