押収された金塊など=23日午後、千葉県成田市

 千葉県警成田国際空港署に入るデビット・コーヘン容疑者=23日午前8時36分

 香港から金塊計約420キロ(19億円相当)を航空便で自動車部品を装って密輸したり、密輸を試みたりしたとして、千葉県警は23日、関税法違反(無許可輸入、同未遂)などの疑いで、イスラエル国籍の男2人を逮捕した。県警は2人を含むグループが、航空便を使って計約4トンを密輸した可能性があるとみて裏付けを進める。

 県警によると、金塊は成田空港で税関職員が発見。県警は何者かが香港で購入し、受け取り役の2人が東京都内のマンションで受領したとみている。グループが2017年3月以降、50回以上にわたって密輸を繰り返し、国内で売却していたとみて調べている。

関連記事