会談する国民民主党の玉木代表(左)と沖縄県の玉城デニー知事=22日午前、沖縄県庁

 国民民主党の玉木雄一郎代表は22日午前、沖縄県の玉城デニー知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に伴う埋め立て工事を政府が強引に進めているとして、連携して対応する考えで一致した。会談後、玉木代表が記者団に明らかにした。

 会談で玉木代表は、政府が埋め立て予定海域に存在する軟弱地盤の改良工事に向けた設計変更に着手する方針を固めたことに関し、工事を凍結して改めて調査すべきだとの立場を示した。

 日米地位協定を改定する党の独自案についても説明。知事は「日本の主権が認められていない異常な状態は解消しなければならない」と応じた。

関連記事