ロンドン郊外の墓地で、ユダヤ人大量虐殺の犠牲者6人の遺骨や遺灰の入ったひつぎを運ぶ参列者=20日(AP=共同)

 【ロンドン共同】ロンドンの帝国戦争博物館で、アウシュビッツ強制収容所でナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の犠牲になった身元不明の6人の遺骨や遺灰が見つかり、ロンドン郊外の墓地で20日、ユダヤ教にのっとった埋葬式が行われた。英メディアが伝えた。

 遺骨や遺灰は、ホロコーストに関する常設展示がある同博物館が昨年、所蔵品の調査をした際に見つかった。同博物館に、アウシュビッツ関連の品などと共に1997年に寄贈されたものという。寄贈者や詳しい経緯は不明。

 詳細な検査の結果、先月になって大人5人と子ども1人のものと分かった。

関連記事