サウルコス福井のDF橋本真人

 サッカー北信越リーグの2018年度表彰式が1月19日、富山県富山市内で行われ、最優秀選手賞(MVP)に昨季1部を制したサウルコス福井のDF橋本真人が選ばれた。

 昨季、主将としてチームを引っ張り、リーグ戦全14試合にフル出場し優勝に貢献したことが評価。橋本は「大変光栄に思うが、チームの目標は達成できていないのでこれからも努力していきたい」とコメントした。

 サウルコスからこのほか、FW松尾篤(退団)が得点王(21得点)と通算得点記録賞(82得点)、MF福田航太(退団)がアシスト王(9本)に輝いた。

関連記事