機器の配布を待ち、リスニングの試験に臨む受験生=2019年1月19日午後、東京都文京区の東京大学(代表撮影)

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が19日、全国の693会場で始まった。日程は20日までで、志願者数は前年度比5841人減の57万6830人。参加する国公私立の大学・短大は852校で、うち大学は過去最多の703校に上り、短大は149校が利用する。交通機関の乱れや誘導員の対応の誤りで一部受験生の試験開始時間を繰り下げた。

⇨センター試験、英語の分析速報はこちら

⇨センター試験、国語の分析速報はこちら

 センターによると、横浜国立大の会場では、19日午前の地理歴史・公民を2科目受験で登録していた受験生1人を、誤って1科目受験の控室に案内していたことが試験開始後に発覚し、162分繰り下げて実施した。

 横浜国立大ではJR東海道線の遅れで別の1人も20分繰り下げた。また、交通機関の乱れなどにより福島大3人、東京国際大(埼玉県)1人、茨城大1人の計5人も20~80分繰り下げた。

 一方、秋田県立大は同県横手市の試験会場で、地理歴史・公民の1科目受験の開始時間を、確認作業の遅れで2分繰り下げたと発表した。

 宮城教育大は「地理歴史・公民」の2科目選択の開始時間を35分繰り下げて実施したと明らかにした。「監督者が開始時間が遅い1科目選択の担当と誤解し、入室が遅れたため」と説明している。

 例年受験者数が最も多い外国語(筆記)は、志願者の93・4%の53万8603人が受験した。国語は89・5%の51万6421人、地理歴史・公民は80・4%の46万3788人が受けた。20日は理科と数学を行う。

関連記事