ブルペンで投球練習する巨人・田口=川崎市のジャイアンツ球場

 巨人の田口麗斗投手が19日、川崎市のジャイアンツ球場で練習を公開し、ブルペンで捕手を立たせたまま変化球を交えて42球投げた。トレーニングを行った米ハワイ州から帰国後初練習で、今年2度目のマウンド。「この時期にしては投げられている。まだまだこれから(状態を)上げていきたい」と意気込んだ。

 2017年までは2年連続で2桁勝利。昨季は2勝と苦しんだ。「復活というより実力がないだけ。もっと力をつけないといけない」と自分を見つめ直した。キャッチボールから試合を意識し、セットポジションで重点的に投げ「とにかく必死に目前のゲームに集中し、結果を多く出したい」と語った。

関連記事